平均53分に対し 1分ももたない友人の夫婦

こんにちは 芹沢です


日本国内における夫婦の会話の時間は

1日あたり平均「53分」で
全世界50カ国中
ビックリするかもしれませんが48位だとのことです

 

夫婦の会話のあるべき姿を語った
天野ひかりさんの著書

「賢い子を育てる 夫婦の会話」 の中では

「子育ての講演会で耳を傾けた印象では
 1日あたり10分くらいのご家庭もいっぱいある」

だと聞きました

 

 

わたくしも
よく友人に夫婦円満のヒントを質問されることがあります

 

その悩み事を持っている方友人に聞くと

 

「夫婦でどんな事を話したらいいのかわからない」

 

「会話が1分も無い」 といった

 

悲しそうにされています

 

一方で
わたくしと妻は
1日に3-4時間 話ししていることだってあります


1ヶ月に1回は旅行しているので

その間は1日中
何でもいいのでを話しています

 

マイクを交代しながら
会話のキャッチボールを楽しんでいます


冒頭の本の著者・天野さんは

 

お父さんとお母さんが話している姿と
その言葉から
親子の対話よりも多くのことを 
子どもは学んで育ちます 

親から直接言い聞かされた言葉以上に
親どうしや親とだれかが話している言葉のほうが
子どもの心に響くからです

 

そして
夫婦の会話がない場合

子どもは夫婦の関係も敏感に感じ取り
影響を受けていくのです

このようなご見方を持っていらっしゃるのです

 


お子さんをお持ちのご夫婦は
是非 彼女のご提言を覗いてみてください

 

 

わたくしは
この本でもう一度
夫婦の会話をもっと大切に考えてみよう! と
考えさせられました

 

f:id:serizawa-yoshiki:20200701064611j:image


最後まで読んでいただき
ありがとうございました

感謝します