大好きな彼女にフラれました..

こんにちは   芹沢です

 

 

 

10代の頃の失敗は

オーバーに考えてしまいがちです


わたくしは学生の頃

当時大好きだった彼女とフラれ破局したとき

「これから先はもはや終わりや」と嘆きました


校舎の窓ガラスを割りまくり

「これ以上は生きぬいていけない」と

 


ひどく落ち込んでました

 


両親・教師に怒られた時

「自分の一生は運が悪い」と

自分自身の未来を憎しみました

 


けれども

面白いことに

成人になるにつれ「不幸せな思い出」ほど

「良い思い出」に変化してしまいます

 


不幸せな思い出のほうが

一番の学習があって

これからの人生によい影響を及ぼすからです

 


確かに不幸な思い出はない方が

良いかもしれません

 


しかしながら

一生は不幸な思い出があった方が

100パーセント良くなります

 


かえって

「もっともっとたくさん活動して 数えきれないくらいの不幸な思い出を作りあげておけばよかった」と

思ったのです

 


10代の頃の失敗は

生命には関わらない大したことのない失敗で

どれだけしたとしても

やり過ぎるはずがありません

 


あなた自身も

成人になられた時

「もっともっと活動しておけばよかった」と

間違いなく後悔するでしょう

 

 

 

「好きな人に告白して振られた後悔」より

 


「好きな人に告白しなかった後悔」の方が

ずっとずっと引き続けます

 


行動するならば

今この瞬間が絶好のチャンスです

 


うまくいったら それでよし

うまくいかなくても それでよしですよ

 

f:id:serizawa-yoshiki:20201231071211j:image

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました


感謝します

空気を読めなかったからか?おい!オヤジ!!と呼ばれた

こんにちは   芹沢です

 

 

 

空気を読むために

必要なのは「見られている」といった意識です

 


見られているというつもりで

生活スタイルのさまざまな面で

雰囲気が意識することなく

空気を読める人になれます

 


道を歩いているとき


食事をしているとき


電話をしているとき


友達とのしゃべり方

 


自分は

いつでも周りの人に見られている意識があると

おのずと背筋が伸びてきます

 


人は誰でも

カッコ悪いところを印象を持たれたくないから..


見られている意識が

カッコ悪いところを見られたくない思いになり

 


自分で自分自身に

目を向けてなおすことのできることになります

 


見られている感じは

人に優美さを見せ

進化させることがあります

 


このような意識が抜け落ちてしまうと

おじさん・おばさんに変化してしまいます

 


おじさんおばさんは

「自分たちが見られている」ということが

欠けているがために

ダラダラしているとも言えます

 

自分が

カッコ悪いということをしたところで

それすら気づいていません


そういう理由から優美さが抜け

成長じゃなく

老け込んでると思います

 


「誰一人も見てないからいいか」

こんな風に思われることはありませんか?

 

 

 

誰一人も

見てないからいいやと考える行為が


自分自身を

おじさん・おばさんにさせてしまう

きっかけになっていくのだと思いますよ

 

f:id:serizawa-yoshiki:20201227073052j:image

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました


感謝します

ちょっとしたことで悩んだとき

こんにちは   芹沢です

 

 

人は

ちょっとしたことに悩んでしまいます...


「やりたいか?やりたくないか?」


胸の内が濁っていて

気持ちの整理が上手くできません

 


やりいとと言ったらやりたいし

やりたくないと言ったらやりたくない

といった ハッキリしない気持ちです


その胸の内

すごく共感できます

 


自分自身のことであるくせに

自分自身でもハッキリとわからない

 


「自分自身の胸の内をハッキリすることができない」

 


自分自身が

情けなくなってしまいますよね

 


そうなった時は

質問のやり方を変更してみたらどうでしょうか?

 

「やらなかったことで後悔をするか?後悔をしないか?」です

 

それをやらなくても

悔いは残らないならば

しなくてもいいと思います

 


悔いが無いと言うなら

大したことじゃありません

 


パッと忘れ去って次にいっていいと思います

 

けれども

やらなかったために悔恨しそうなら

した方がいいに決まっています

 


「後悔をしてしまう」と思っている事は

潜在的に「やりたい」といった

やる気が見られる理由です

 

 

望みを実現することも必要だと思いますが

後悔をしない

これからの人生を送ることは

もっともっと必要なことだと思います

 


望みは

実現させられなくても

 


もう一度

絶好のチャンスはあるかもしれませんが


後悔になるとチャンスがありません...

 

 

過ぎ去った過去は

もう一度戻ることはないから

 

 

「これをやりたいか?これをやりたくないか?」

より

「後悔するか?しないか?」です

 


後悔しない

これからの人生を過ごすと

思いがけない 希望している


人生を歩んでいけるようになると思いますよ

 

f:id:serizawa-yoshiki:20201219214500j:image

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました


感謝します

悪口を言われ心の中に大ダメージを受けた日

こんにちは   芹沢です

 

 

 

「あなたの その言い方で心の中にダメージを受けた」


「あなたの言い方が原因で 再起できない」


「心の中に突き刺さった」


ひどい言葉を口に出されて

心の中にダメージを受けたといった人がいます

 

 

あなた自身も

ごく自然に使っているこの言葉ですが

あらためて考えてみるとおかしな話しだと思いませんか?

 

心の中は見通せないし

直接さわるということもできません


どう相手の心の中に

ダメージを与えることが出来るのでしょうか?

 

 

人は

あなた自身の心の中に

ダイレクトダメージを与えることなどできません

 

ダメージを受けたというなら

自分自身で強引に解釈しているだけ


あなた自身のためを思って

言ってもらっている言葉を

強引に悪口と感じ止め


あなた自分自身で

心の中にダメージをつけます


傷つけている人は

自分自身だと言えます

 

相手からの言葉を受け入れ

マイナス面へと感じ


最終的には

自分自身で心の中にダメージをつけます


「ダメージを受けた」が

口癖にしている人は

最初から

あらゆる事の感じ方がマイナス面へと傾いています

 


時間をかけて

あなた自身を思い


話してくれているのに「悪口を言われた」と感じ

心の中にダメージをつけます


傷つけているのは

だれでもない自分自身だということです

 


その一方

心の中にダメージを受けない人もいます


このような人は

どのような言葉も「助けになる」と

言っても良い人です


ありとあらゆる言葉を有難く感じ

喜ばしく感じられる人です


いかなる嫌味も

プラスへと感じ取っていくので

止まることなくレベルアップします


頭の良い人は

自分自身へのダメ出しを

プラスと考えて感じ止め

ステップアップに変えます


叩かれた部分を改めれば

理想的な自分自身になれますから


ダメ出しの言葉にも

バッシングする人にも感謝したくなります


感じ方を変化させると

イラッとするということがなくなってしまいます


いかなる言葉も

有難く感じられてくると思いますよ

 

f:id:serizawa-yoshiki:20201213164405j:image


最後まで読んでいただき

ありがとうございます


感謝します

人生に必要なことは全て変化することで学んだ

こんにちは 芹沢です



ご無沙汰しております
何もお変わりないでしょうか?


急に変わり始めようというのは
簡単ではありません

 

いきなり急な変化を自分自身に与えると
身体・精神面で
心理的ダメージを受けることになります


「いち早く変わってしまいたい」といった
意志は良いのですが


身体や精神面が追っつかないことになるのも
事実


「あせらずに変化しよう」と
意識してみませんか?


自分らしく一生懸命に

 

「ちょっとずつ外に出よう」

 

「ちょっとずつ働こう」

 

「ちょっとずつポジティブになろう」

 

「ちょっとずつ人と関わろう」

 

「ちょっとずつ勉強しよう」

 

ちっちゃな変化を何回も重ねていると
一番最後に
大きい変化となっています


ひとまず自分自身に
「あせらずに変わり始めよう」と
言って聞かせてみませんか?


ちょっとずつが
どんなことより一番いい方法だと思います


ちっぽけな変わりでも
変わりは変わりです

 

「ちょっとずつ変化しよう」を
何度も何度もしていれば

 

結果的に
大きな変化を起こしている事に気づきますよ

 

f:id:serizawa-yoshiki:20200913190530j:image


最後まで読んでいただき
ありがとうございました

感謝します

30代の冴えないおじさんが ついに初体験しました

こんにちは 芹沢です



新型コロナの影響からなのか
試験が延期になりました

 

試験の延期は
今まで経験をしたことがないので
初体験です

延期になったおかげで
インプットをする時間に余裕ができたので
ありがたいのですけどね

 

ある意味 自分にプラスできそうです


初体験

今日まで活用されていない
脳細胞を起動させるので
脳に元気を与えるのに効果的です


これまでなかった体験を受け入れることがきっかけで
脳細胞それぞれのネットワークが密になり
一段と器が大きくなっていきます


わたくしたちは
「人生経験がたっぷりの人はよく知っている」と
よく言っています

 

なんでよく知っているんだろうかというと

いろいろな経験に触れ
脳がアプローチに及ぶ準備ががなされているからです

 

脳の神経細胞が密で
たくさんのアプローチも受け入れられるから
理解する力を見せてくれます


初体験は
脳の器を一段と拡大させるだけでなく
一人の人としての器も一層大きくさせます


頭の回転を速めるために
あなたが
今まで体験したことがないのを選べばいいだけです


この経験したことのない経験に
思いっ切りワクワクしてみてください

 

ワクワクは
自分自身を若返らせる薬ですよ

 

「なにが起きるんだろう!」

 

「どうなってしまうんだろう?」

 

刺激的で魅力的なことになりますよ

 

f:id:serizawa-yoshiki:20200822182127j:image


最後まで読んでいただき
ありがとうございました

感謝します

知らなきゃ損!! 自分の頼もしい味方とは

こんにちは 芹沢です



記事更新ができていなくて すみません

9月に 試験を受けるために
真剣にインプットしていました

まだ80%ぐらいしかインプットできていないので
また更新ができなくなる時があるかもしれませんが..

 

あなたは
自分自身がこんなふうになってきたのは
周囲が妨げてくるからだ

 

そう思っていませんか?

これは勘違いですよ


誰も どなたも
あなた自身を妨げてなんかいません

 

妨げるどころか
かえって応援してくれています

 

周囲の人からの応援を
妨げていると誤解しているだけなのです

 

受け止め方が
ちょっとばかり消極的になってしまっているだけですよ

 

妨げと感じる事を
そろそろ応援だと気付きませんか?

 

「スピーディーで仕事をして」といった一言は
妨げしていることじゃなく 応援だと言えます

 

「将来のビジョンはどうなっているか」という声は「まだまだ何とかなるよ」とされる応援だと言えます

 

「いつまであんな毎日をしているのか」という声は「いち早く立派に生活を送って欲しいな」といった願いです

 

説教じゃなくて応援だと言えませんか?


あなた自分自身が早とちりしていることに気がつかないと
何年続けても前に進めませんよ

 

自分自身の勘違いをアンロックするのは
自分自身です

 

ムカムカした声ほど
あなた自身へ
優しさが入れられていらっしゃる言葉ですよ

 

f:id:serizawa-yoshiki:20200815183755j:image


最後まで読んでいただき
ありがとうございました

感謝します

末期のがん患者さんが 奇跡の快復を果たすことができました..それは..

こんにちは 芹沢です



することができないを考えるという事は
ギブアップする事です


「することができない」といった言葉が
意識の中にあると
何かしら行動を起こす前から

ギブアップしてしまいます

 

「どう考えて不可能 絶対できない」と
考えるからできないのです

 

することができない...と
思ったその瞬間から
アクションを起こす努力をしなくなってしまいます

 


することができないを
可能にするコツは 1つだけ

「することができない」という
言葉を忘れることとなります

 

 

それは

「することができない」という
言葉を忘れると
現実にするコツを考えざるを得なくなります

 


「ほかのやり方はないか?」


「気づかないやり方はないか?」


「ひょっとしたらできるのではないか?」


現在に至るまで
イメージもすることはなかった事を
考えるようになると思います


結果的に
実現可能なやり方を見つけ出し
することができない事を実現させるのです

 


インフルエンザの薬ができたのは
「することができない」と
考えていなかったおかげじゃないですか?


人が宇宙に行くことが出来たのも
「することができない」と
考えていなかったおかげじゃないですか?


末期のがん患者さんが
奇跡の快復を果たしたのも
「することができない」と
考えていなかったおかげじゃないですか?


今から「することができない」という
言葉を忘れませんか?

 

することができないじゃなくて
「できるかもしれない」と思うと

自分自身の秘めた力が目覚め始めますよ

 

f:id:serizawa-yoshiki:20200806161150j:image

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

感謝します

 

もういい加減「暑い夏の太陽はイヤだ」と思った時にオススメしたいこと

こんにちは 芹沢です


いつも太陽が現れるのは
あなた自身を元気づけるためです


あなた自身が
どんなに落胆しても
太陽に限っては
いつだってチカラ強い味方です


「やる気を出せよ!元気一杯になれよ!なんとかなるさ!」

しゃべることができない太陽だけれど


このような姿勢を見せてくれます


太陽が見られることもあって
わたしくたちはどれだけ落ち込んでも
もう一度立ち直れます


励まされたければ
家から外に出て 日ざしを浴びるだけ


太陽からの勇気づけを
たっぷりと受けることが出来ます


日ざしには
どういった人でも
落ち込みから快復させる力を見せてくれます


日ざしを浴びていると
ジワジワとエネルギッシュになると思います


太陽は
あなた自身が誕生してから
亡くなるまで
一緒になって生存し続ける存在です


今日も太陽は
あなた自身を勇気づける為に
光り輝いていますよ


家の外に出て、太陽を浴びませんか?

 

f:id:serizawa-yoshiki:20200805160444j:image

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

感謝します

エンジンはガンガンだから まだ少しはスピードが出せる

こんにちは 芹沢です




ネガティブで
どうしようと思っているなら

少しスピード感を出してみませんか?


ネガティブだから
スローになってしまうのはありません

 

スローだから
ネガティブになっていくのです


体を休めていたら
いらないことさえも考えてみる
余裕を自分自身に与えてしまいます


言うまでもなく
生きている間は余裕も必要になりますが
余裕が有りすぎることだって問題が生まれます

 

時間が有りすぎると
人はたいてい
マイナスのことを意識し始めます


行動しない原因や
途中でやらない言い逃れを考えてしまいがちです


ヒマを持て余して
ダラダラやっていると
思考さえもダラダラしてしまうというわけです


考えがブルーになっている時は
少しスピード感を上げたほうがいい

 


歩いている

スピード感をアップさせる

 

考えてみる
スピード感をアップさせる

 

話す
スピード感をアップさせる


スピード感を胸に刻むと


ネガティブがなくなり
ポジティブにつながります


気がつくと
胸の内にあるエンジンに火がついていますよ

 

f:id:serizawa-yoshiki:20200804164107j:image

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

感謝します

本当の絶望も知らないのに なんで勝手に絶望しているイメージを考える?

こんにちは 芹沢です



あなたは絶望を経験したことがありますか?

 

本当の絶望も知らないのに
絶望したことがあると思っていませんか?

 

あなたは
絶望を経験したのじゃなく

絶望をイメージしているだけじゃありませんか?


自分自身には
もう希望も望みも可能性もとてもじゃないがない
と信じ込んでいませんか?


家の中で
悪影響を与える妄想だけを大きくさせ

自分自身のこの先は終わっていると思っていませんか?


強制的に
自分で自分自身を苦しめるなんて
不毛じゃないでしょうか?

 

今の時点で
この先の人生が終わっているなら
もうすでに亡くなっています

本物の絶望とは 死だと言えると思いませんか?


命がある限り
まだまだこれからの人生は終了していませんよ

 

言うまでもなく希望も望みも可能性もあります

 

「絶望をイメージしているのみ」と
気が付くことが大切ですよ


「絶望をイメージしているだけ」と
気が付くと

 

自分自身には
まだまだ
たくさんの可能性があることにも気づけることになります

 

とにかくイメージするなら
マイナスじゃなくて
ハッピーな事をイメージすることが大切です


「今更何をしても手遅れだ」
じゃなくて
「まだまだ何とかなる」


「この先はジワジワと暗闇になる」
じゃなくて
「この先はジワジワと素晴らしくなる」

 

「いい感じにならなかったら何をしたら良いか」
じゃなくて
「うまく行けば何をしたら良いか」

 

ジワジワと
この先が好回転する期待をし
ワクワクする

 

身体がうずき始めたら
この勢いで素早く行動ですよ


最後まで読んでいただき
ありがとうございました

感謝します